仮想通貨(ビットコイン)とは?

仮想通貨(暗号通貨)は簡単に言うと、紙幣や硬貨を使わないヴァーチャルなお金のことです。電子的な取引に使えるためSuicaなどの電子マネーに似ていますが、現金をチャージして特定の支払いだけに使うものではなく、円を両替して「通貨」として利用することができます。ビットコインは2009年に運用が開始され、現在最も普及している仮想通貨です。

ビットコインの発行元は?

Bitcoin発行者はいません。ビットコインシステムはネットワークによって運営され、取引は仲介者なしでユーザ間で直接行われます。取引(トランザクション)はネットワーク参加者たちによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていきます。国や銀行のような中央管理者がいないので、取引手数料がとても安く、またネットワーク上で決済を行うため、24時間365日決済が可能というメリットがあります。

ビットコインは何故生まれたの?

ビットコインはもともと暗号通貨の一種として実験的に誕生したもので、その後そのシステムが研究者や団体、さらには国から評価をされるようになり、価値が高まっていったという経緯があります。仮想通貨は元来、電子決済やプロジェクトの資金集めなど、固有の目的のための通貨として開発されています。国家の管理下に無いことから、価値が市場によって大きく変動するため、本来の使用目的を離れて、投機対象として捉えられがちになっているのが現状です。

ビットコインでできること

ビットコインの最も主要な使い道は買い物での利用です。すでに多くの店舗でビットコイン決済が可能になっています。ビットコインでチャージが可能なビットコインVISAプリペイドカードを利用すれば世界中のVISA加盟店で買い物ができます。
またビットコインは決済だけでなく、個人間のやり取りも可能です。現金同様に相手に振り込むことができます。
次に、ビットコイン人気の牽引役ともなっているのが投資です。ビットコインは変動相場制なので、価格の上下で利益を得ることが可能です。これは主にビットコイン取引所で実体通貨とビットコインを交換して行われます。
海外送金のコストが低くスピーディなのもビットコインの特長です。ビットコインはインターネットを介してやり取りされるので、世界中どこでも送金が可能です。銀行を通して海外送金を行う場合は両替手数料や為替手数料がかかりますが、ビットコインは少額の手数料で即時に送金することが可能です。
ネット環境があれば即座にいくつでも口座を作れるのもビットコインの特長と言えるでしょう。

最大の魅力は上下変動の大きさ

ビットコインが世間で注目を集めている理由は、上記のように相場の上がり下がりの幅が大きいことによるものです。ビットコインの1日の価格変動率はドルや円の10倍とも言われます。これは短期売買で収益を得るチャンスがあるということを意味しています。ビットコインが誕生した2009年、1BTC(1ビットコイン)は約0.07円でしたが、2017年12月には一時200万円を超えるほどの高騰を見せました。これほどの爆発力を持った投資対象はそうそうあるものではありません。
取引所の最低取引単位は0.0001BTCから0.005BTCですから、1BTC=100万円とすると、100円~5,000円あれば誰でも購入できるというのも大きな魅力です。

ビットコインを利用するには

ビットコインはビットコイン取引所で購入することができます。ビットコイン取引所は国内にいくつかあり、メールアドレスを登録して本人確認を行えば取引を開始することができます。また、取引所を介さずにビットコイン所有者から直接購入することもできますし、マイニングという方法で採掘する方法もあります。さらに無料でお手軽に入手する方法もあります。

ビットコインのリスク

ビットコインにはリスクもあります。主に想定されるものは、相場変動、取引所の破綻、システムに関するものです。
ビットコインはまだニッチな新興市場であるため、相場が大きく変動します。
取引所は、銀行と異なって預金保証はしてくれませんから、安全な管理方法を知っておく必要があります。
ビットコインのシステムは、2009年から2018年現在まで壊れることなく稼働してきましたが、現時点では顕在化していない問題が、今後発生しないとは言い切れません。特に技術面について学ぶことはシステム上のリスクを回避することに繋がるので、積極的に情報収集をすることが望まれます。

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)

仮想通貨はビットコインだけではありません。ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコイン(オルトコイン)と呼びます。アルトコインの種類は1,000種類以上あると言われていますが、価値があるアルトコインはほんの数種類で、イーサリアム、ライトコイン、リップルなどが有名です。成長して市場規模が大きくなったビットコインよりも、成長性や投機性が高いアルトコインに投資をする人も多く存在します。



PAGE TOP